ニュース一覧

SystemVerilogコード・スニペット及びブックマーク機能を追加しました。

スニペットは、テキスト文字列から構成された情報群を意味します。例えば、サンプル・コードの断片がスニペットに相当します。
スニペット機能は名称に対してコードの断片をマップしますが、ブックマーク機能は名称に対してソース・ファイルの行をマップします。
コード・スニペット機能、及び、ブックマーク機能の組み合わせを利用する事により、コード開発時の生産性を向上する事が出来ます。

 

詳細は、こちらを参照して下さい。

2018年06月17日

「ET & IoT Technology 2018 」に出展します。

2018年11月14日(水)〜16日(金)パシフィコ横浜にて開催の「ET & IoT Technology 2018」に出展致します。

 

出展案内

SystemVerilog IDEを展示しますので、ご来場の際には弊社ブースにもお立ち寄り下さい。

講演案内

展示会場内 セミナー会場B にて講演を行います。
日 時 :2018年11月16日(金) 11:30-11:55
会 場 :展示会場内 セミナー会場B EDA-1
タイトル:UVMの概要と実践に適用する際のガイドライン(UVMの理解と検証作業への応用)

事前登録画面にて EDA-1 電子設計・EDAトラック をチェックして下さい。
同トラック内の他のセッションもご聴講下さい。

2018年11月04日

「ET & IoT Technology 2018」 ご来場有難う御座いました。

2018年11月14日(水)〜16日(金)パシフィコ横浜にて開催の「ET & IoT Technology 2018」に出展致しました。

弊社ブースにお立ち寄り頂いた方、及び、UVMに関する講演をご聴講して頂いた方々に御礼申し上げます。

 

講演で使用した資料はダウンロード・ページから入手する事が出来ます。資料には、講演では省略した内容も含まれています。

2018年11月19日

SystemVerilog検証に関するチュートリアルを行ないます。

このチュートリアルを通して、SystemVerilogによる検証の基礎からUVMを適用するまでに必要な知識を習得する事が出来ます。


名 称 :JEVeC DAY 2018

会 場 :川崎市産業振興会館

日 時 :2018年12月11日(火) 14:30-15:30

タイトル:SystemVerilog from Zero to One(検証の基礎からUVM適用までの実践知識を習得)

 

無料で参加する事が出来ます。詳細は、日本EDAベンチャー連絡会(JEVeC)のホームページを参照下さい。

2018年11月19日

SystemVerilogテキスト・エディタの機能が強化されました。

入力ナビゲータ、及び、SystemVerilogテキスト・エディタの機能が強化されました。
ここでは簡単な例を紹介します。更なる詳細は、ダウンロード・ページから資料を取得して下さい。

 

行の折り畳み
行の折り畳み機能は非常に便利です。特に、クラス内に複雑なタスク、及び、ファンクションが定義されている場合、注目したい箇所を中心に表示する事が出来ます。例えば、左図は、uvm_agentクラスを表示しています。1ページに全容が表示されています。
ファイルを開くと行の折り畳みが自動的に設定されますが、ユーザ自身で折り畳みを定義する事も出来ます。

 

直前に編集した行及び選択文字列の管理
大きなファイルで作業する場合、ファイル内の異なる行に移動する事が頻繁に発生します。特に、直前に編集した行に戻る為には何度もウィンドウをスクロールする操作をしなければなりません。

SystemVerilog IDEのFPSは直前に編集した行を小さな矩形として表現します。その矩形をクリックすると編集行に戻る事が出来ます。
左図に於ける赤い矩形に囲まれた白い領域がFPSナビゲータです。ナビゲータ内の小さな矩形は直前に編集した行を表現しています。その矩形をクリックすると149行が見える様にテキスト・ウィンドウがスクロールします。同様に、直前に選択した文字列に関してもナビゲータが表示されます。

懇切丁寧なコンパイル・エラー表示

コンパイル・エラーが存在する場合、テキスト・エディタ内のエラー箇所を簡単にナビゲーションする機能を備えています。左図は、コンパイル・エラーが存在する例を示しています。エラーが存在する事を容易に認識する事が出来ます。

メソッド(タスク、ファンクション)入力

メソッド名の一部を入力した場合には、ナビゲータは完全なメソッド名、及び、引数を表示します。候補を選択してEnterをタイプするとメソッドの呼び出しが完了します。
左図は、quickをタイプした様子を示しています。この状態でEnterをタイプするとquicksort(p,r)が入力されます。

 

ヘッダ・ハイライト

複雑な記述を含むファイルで作業をしている場合、ソース・コードを見易くする工夫が必要になります。左図はメソッド・ヘッダをハイライトした例です。
右端のFPS領域にはメソッド宣言がされている位置を示しています。それぞれの矩形領域をクリックすると該当するメソッドの宣言に移動する事が出来ます。スクロール・バーを操作せずにメソッドの記述に移動する事が出来ます。
module、program、interface、class、task、function、initial、always等のヘッダをハイライトする事が出来ます。

 

2019年02月03日

SystemVerilog IDEに自動バックアップ機能が追加されました。

SystemVerilog IDEはファイルのバックアップを自動的に作成します。バックアップからファイルを復元する事、バックアップ・ファイルを参照する事、ファイルとバックアップとの比較をする事等の操作はマウスクリックだけで簡単に済みます。各ファイルに対して最大100個のバージョンを保持する事が出来ます。自動バックアップ機能は簡易型VCS(Version Control System)として作業環境の保全性を高めます。

 

詳細は、こちらを参照して下さい。

2019年01月14日

デザイン・スタイル・チェックがUVM検証コードをQualifyする様になりました。

デザイン・スタイル・チェック(DSC)は、SystemVerilog記述が、企業、プロジェクト、及び、契約等で定めた規格、ルール、標準等に遵守しているかを確認する機能です。

 

DSCの機能が拡張されUVM検証コードをQualifyする様になりました。この機能は、UVMを使用する際に必要なルールを満たしている事を確認します。検証コード作成時に潜在的問題を未然に防ぐ事で生産性が向上します。詳細は、こちらを参照して下さい。

2019年03月10日